銀行融資(プロパー融資)と創業者・・・。

銀行は創業者にプロパー資金を貸してくれるか?


よくこんな質問されます。


  「政府系金融機関と自治体融資ではなくて、銀行が
  プロパーで創業予定者に資金を貸してくれないのでしょうか・・・?」


基本的には、「非常に困難」です。

原則論として、これから開業される方は以下のセオリーで
お金を借りるしかありません。


 1.国民生活金融公庫(政府系金融機関)の融資制度
 2.自治体等の制度融資
   (貸付先→銀行・信金等、債務保証→信用保証協会等)
 3.ノンバンクからの融資


基本的には、これらのルートを活用するしかないのです。
よって、できる限り、これらの方法に執拗に諦めずに
取り組む必要があります!

よほどの不利な条件で無い限り、あなたが諦めない限り
何とか、先は開けます。

「よほどの不利な条件で・・・」というのは、たとえば、
自己資金が50万円しかないのに、「1000万円借りたい」とか、
そういう無茶なことを指してます。

そういう方も結構いらっしゃるのですが、
そもそも、起業の計画を見直す必要がありますね〜。


それと、「3」のノンバンクですが、これは、全額をノンバンクから
借り手は駄目です。

「1」、「2」で何とかがんばって、それでもどうしても足りない場合、
不足額を補う程度の活用にして欲しいです。

ノンバンクは金利が高いので、全額賄おうとはしないように〜!!
足りない分だけですよ。

くれぐれも慎重に。


さて、本題の「銀行は、プロパーで創業予定者に資金を
貸してくれるのか?」ですが、

先ほども言ったように基本的には難しいです。
しかし、一部例外もあります。

地元の地銀、信用金庫を調べてみてください。
一部の銀行等では、創業者向けの融資を実施してます!

例えば、私の地元、神奈川県では、


 ・神奈川銀行HP
  http://www.kanagawabank.co.jp/shikin/challenge_h.html


のような制度もありました。

きっと、皆さんの地元の小さな金融機関もこのような制度を
実施しているかもしれません。

だけど、審査は厳しいですよ。
申請書等は、各金融機関が用意しています。
制度融資の創業計画書や国金の開業計画書を
ベースに作成されていると思われます!


それと、地方の小さな市町村等では、保証制度に基ずく
創業融資ではなく、やはり独自の資金で貸し出しをしてくれる
信用金庫等もありますので、確認してみることです。

その際は、地元に役に立つような事業プランを作成することが
大切です。地元に貢献できるような事業だったら、前向きに
相談に乗ってくれるケースもあります。

実際、そうやって資金調達できた起業家もいますよ。


先ほども言いましたが、共通しているのは、
決して諦めない!!・・・これが重要なんです。


06/5/8執筆)




「銀行融資、公的融資に関する融資情報&トピックス」のINDEXに戻る。
「公的融資&銀行融資攻略ナビTOP」に戻る。


銀行融資、公的融資による資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。