融資を申請する際、売上アップの根拠を説明できますか?

他のページでも何度がご報告していますが、
非常に資金調達のご相談が多いです。

やはり、これから起業する方としたばかりの方が
多いですね。

本日の話は、すみません・・・
ちょっと資金調達の話からそれるかもしれません。


これから起業される方から相談を受けると
必ず質問することがあります。


 「この損益計画の売上を上げることのできる
  その根拠を教えてくださいませんか?」


その質問をすると、起業予定者の方は、
急に口が止まります・・・。


 ・「この事業をやりたい!」
   ↓
 ・「もう店舗も(仮)押さえた!」
   ↓
 ・「あとは開業資金だけだ・・・!」
   ↓
 ・「開業すれば何とか売上は後から付いてくる!」


えっつ??
売上は何とかなりますか??

本当にそうでしょうか?

いいえ、なりません。

この部分の根拠をきちんと説明できない起業家が
非常に多いです。

まず誰もが言うのは、


 ・「ホームページで集客・宣伝します!」
 ・「メルマガで集客・宣伝します!」
 ・「FAXDMを打ちます!」


確かにこれらの方法はOKです。
やらないと損します。

色々と突っ込んで聞くと、必ず回答がどもります。

起業することと、自分の事業計画(ビジネスモデル)
のことばかりを考えていて、


 ・「どうやって売上を上げるのか?」
 ・「収支(売上)はどのように計画しているのか?」


が、おろそかになっていませんか?

よくご相談相手から、以下のような質問をされます・・・。


 ・「吉田さんはどうやってお客さんを掴んでいるのですか?」


はい、私は、「紹介」、「口コミ」、「インターネット」です!

それから、ネットの活用についてのレクチャーに
なったりします(笑)。
(本当は開業資金についてのご相談なのですが・・・。)

「インターネットで宣伝します」もOKですが、
口では誰でもこう言えます。


当然のことですが、基本的に、
売上をあげることのできない起業家に
資金を貸してくれるわけがありません。

あなたは、是が非でも売上を確保するノウハウを
もっていますか?

もっていないあなた!
自信のないあなた!

これがヒントになるかもしれませんよ。
よろしかったらクリックしてください。
http://www.mbs-con.com/1okuen.html
(胡散臭がらず最後まで読んでみてください。)

以前、こんな方がいました。

国金さんの面接時に、売上の根拠を徹底的に突っ込まれて
とうとう、説明できずパニクッてしまい、挙句の果て、


 「私は儲けなくてもいいのです。
  地域一番店を目指して、社会貢献できれば!!」


ご本人は、「決まった(名セリフだ)!」と思ったそうですが、
結果は・・・?

ご想像に任せます。


この回答が悪いとは言いません。
きちんとした説明の流れでこういう理念(夢?)を
説明するのもいいでしょう。

だけど、国金さんってボランティアではありませんよね?
政府系金融機関は、

 「金融機関」であって、
 「ボランティア団体」ではありません。

これ、誰でもわかります・・・。
冷静に考えれば、ですね〜。


融資の申請をする前に、
その売上の根拠を説明できるようにして下さい。

また、
売上を上げれない会社は倒産します。
これは永遠の真理です。

だから、
きれいだとか、汚いだとか関係なく
かっこつけずに、売上をあげることを考えてください。
(もちろん利益を出してください。)

“脳みそ”に汗をかいてください。

重要なのでもう一度言います。


 「売上をあげることのできない起業家(会社)には、
  資金を貸してくれません。」


これ当たり前のことです・・・。

最近、創業予定者からの相談が受けていて
とても強く感じることです。


06/12/23執筆)




「銀行融資、公的融資に関する融資情報&トピックス」のINDEXに戻る。
「公的融資&銀行融資攻略ナビTOP」に戻る。


銀行融資、公的融資による資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。