ノンバンクの不動産担保融資とは?

ノンバンクの不動産担保の現況をご存知ですか?

不動産担保融資は銀行ももちろん取り扱っています。
しかし、それ以上に活況なのが、ノンバンクの業界です。
(この活況もいつ終焉を迎えるやら・・・。)

しかしながら、一部の経営者や識者の間において
ノンバンクの印象は悪いです・・・。

なぜでしょう。

そう・・・、商工ファンド(現「SFCG」)さんや
日栄(現「ロプロ」)さんのかつての行いです。

これが未だに悪い印象を残しているのです。
この事実は否めません。


しかしながら、ノンバンクだって様々あります。

真面目に支援しているノンバンクさんがほとんどですよ。
確かに金利は高いです。

だけど、その点は経営者がどう判断するか?なのです。

 →(参考)ノンバンクの活用について


さて、不動産担保融資についてですが、
HPを検索してみるとたくさんの会社がヒットします。

いったいどの会社がよいのでしょうか。
選択肢がありすぎて選ぶことが出来ませんね。

一つの洗濯方法としては、
“有名な会社”、“上場している会社”などでしょうか・・・。


例えば、オリックスさん、ファーストクレジットさん、
アサックスさん、NIS(旧ニッシン)さん、新生プロパティさん・・・
などなど、大手さんはたくさんあります。

しかし、これも万全な選択方法ではありません。

また金利で選ぶ選択肢もあるでしょう。
金利は低ければ低いほど良いに決まっております。

意外や意外・・・、「こんな会社、聞いたこともないよ!?」
というようなところが金利がとても低かったりします。

通常、10%前後〜以上はかかるでしょう。
だけど、たまに3%〜とかいうような会社さんがあったりします。

しかし、こういう罠にはまらないように!
全ての会社が悪質だとは言いません。

だけど、やはり悪質な会社だってあるかもしれません。

そういう考え方で見て頂きたいのです。
「金利が安いからこの会社でいいや〜」というような選択はして欲しくないです。

例えば「事務手数料」。
これは会社にも寄りますが、1〜5%は取られます。

次に、「調査料」。
これは0.5%くらいでしょうか??

申し込みと同時に、
「調査料がかかるから○○万円を振り込んで下さい」
という会社さんもあるようです。

これがどういうことだかわかりますか?
十分に気をつけてください。


そうすると、思いもよらなかった理由等で、
「実質金利」が急に高くなったりします。

だから簡単に「金利が安いから・・・」という理由は危険です。


また、ノンバンクさんのHPを見てみると「会社案内」があります。

だけど、ここに社長さんの名前等が載っていないだとか・・・
そういうところもあります。

なぜ掲載しないのでしょうかね?

色々と想像力を働かせてください!!




「銀行融資、公的融資に関する融資情報&トピックス」のINDEXに戻る。
「公的融資&銀行融資攻略ナビTOP」に戻る。


銀行融資、公的融資による資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。