銀行融資(ビジネスローン)と税理士・・・。

ある出版業界(税理関係)の知り合いから、
こんな質問を受けました。


 「吉田さん、ビジネスローンと税理士って何か
  関係ありますか・・・??」


これ、とてもいい質問です。


いつも時代にも経営者の最も身近にいる専門家が
税理士さんです。

税理士さんの専門は、「税金」です。

決して、資金調達の専門家ではありません。

よって、経営者は過度に税理士さんに何でもかんでも
頼り切るというのはどうかと思います。


逆に、私は資金調達の専門家ですから、
税理士さんや行政書士さん、社会保険労務士さんの
専門分野のことを聞かれても一般論的な視点の
ご説明しかできません。

税理士さんに資金調達の相談をしても
これはやはり専門外です。

もちろん資金調達の専門知識を持った
税理士さんもいらっしゃいますよ!


最近、私は「ビジネスローンマニュアル」という
商材を販売いたしました。


このビジネスローンは、“決算書”次第でほぼ決まって
しまう、という融資商品です。

信用保証付融資でない限り、銀行から融資を受ける
には、これからの時代、ほとんどが「ビジネスローン」
にて対応されると思ってください。

例えばこのページを見てください。

http://www.okb.co.jp/company/yourmoney3.html
http://www.shinwabank.co.jp/service/fina/fina-29.html


これらはある銀行さんのビジネスローンの案内です。

条件の一つに「年商30億円以内の法人」という項目
がありますよね。

これは非常に幅広く範囲を広げている、というプラス
要素にもとれますが、逆に考えてみると、30億円の
年商があってもビジネスローンで対応されてしまうのか!
という見方もできます。


もう一度いいます。

 ビジネスローンは、“決算書”次第でほぼ決まって
 しまう、という融資商品です。





さて、
決算書を作成する際に、経営者は税理士さんに
お願いしているはずです・・・。

ビジネスローンを活用できるかどうかは、
決算書次第ですので、やはり税理士さんの多大な
協力と理解が必要です!!

経営者と税理士さんが、がっちりとタッグを組んで、
コミュニケーションをはかり、今後の資金調達に対応していく、
という姿勢が大切になります。


よって、税理士さんとビジネスローンは、切っても
切り離すことの出来ない関係である、とも言えるのでは
ないでしょうか・・・。


実際、「ビジネスローンマニュアル」を
ご購入くださっている約50%の方は“税理士”の先生です。

是非、顧問先に協力してあげて下さい。

銀行融資に関しては、今まで以上に税理士さんの
協力とアドバイスが必要になることは間違いありません!


まさに、税理士さんの時代です。


06/9/27執筆)




「銀行融資、公的融資に関する融資情報&トピックス」のINDEXに戻る。
「公的融資&銀行融資攻略ナビTOP」に戻る。


銀行融資、公的融資による資金調達をサポートするマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。