銀行融資・公的融資による資金調達や資金繰り改善を成功させよう!!
公的融資&銀行融資攻略ナビ
 融資を成功に導くMy Best Support(MBS)吉田学
MY BEST SUPPORT
 融資TOP | プロフィール | 融資基礎 | 銀行融資 | 公的融資 | 資金調達マニュアル | 無料レポート | ご相談&お問い合わせ |

・メールマガジン(byまぐまぐ)
 「現場叩き上げの資金調達ノウハウ
 年間
100社総計25億円の実績

・登録フォーム

・解除フォーム

無料メール相談!!

 融資特集について

 ・融資の基本を知る!!
 ・銀行融資を獲得する!!
 ・公的融資を獲得する!!
 ・資金調達マニュアルとは?
 ・実践レポートのご請求は・・・
 ・究極のビジネスローン攻略法
 ・銀行融資・公的融資topics!!


 お知らせ!!

 ・融資、資金調達トピックス
 ・マスコミの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
 ・融資オンラインシュミレーター
 ・訪問販売法の表記について


究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


 リンク、サイトマップ

 ・資金調達パートナーリンク集
 ・サイトマップ


 銀行融資・公的融資 新手法/新株予約権付融資について
 
 新株予約権・・・??

 そう、ライブドアで注目を浴びた、あの「新株予約権」です。

 「新株予約権」とは、IPOまでの資本政策の一環として、スタッフ等にインセンティブとして付与されるものです。平成13年度より、金融機関を含む第三者に対する付与が可能となっています。

 さて、この「新株予約権受取融資」とは、金融機関が融資の見返りとして、ベンチャー企業からストックオプションを受け取り、その企業がIPOしたら、受け取ったストックオプションを売却するわけです。

 そうすれば、金融機関はキャピタルゲインを得ることができます。

 この一連の仕組みを「新株予約権受取融資」というわけです。

 しかし、金融機関からすると、全ての企業がIPOできるわけではないですよね。そう考えると、なかなか実現しそうにない融資制度です。

 それでは、意味がないではないか?!と皆さん、思うでしょ。

 銀行は、これを実現するために、いわゆる“ファンド”の考え方でスキームを組むわけです。

 簡単にいうと、複数の企業に「新株予約権受取融資」を行い、デフォルトも勘案しながら一定のIPO確率も検討して、総合的に考慮してファンド運用していくのです。

 要は、「まあいくつかの会社から貸し倒れが出ても、IPOしてくれる会社が出れば、それでOKかな・・・」という考え方です。

 そういう意味では、金融機関は、ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティなどと一緒に行うスキームになるのでしょう。



 
トピックスのインデックスに戻る

 ◆融資・資金調達の特集1〜5 INDEX

  ・Prologue:融資の基本を知る!!
  ・特集1:銀行融資を獲得する!!
  ・特集2:公的融資を獲得する!!
  ・特集3:融資を成功に導く「資金調達マニュアル」とは?
  ・特集4:融資、資金調達「無料レポート」のご請求!!
  ・特集5:究極のビジネスローン攻略法について!!
  ・最新情報:融資、資金調達トピックス!!




TOPページに戻る

 
銀行融資・公的融資を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。