銀行融資・公的融資による資金調達や資金繰り改善を成功させよう!!
公的融資&銀行融資攻略ナビ
 融資を成功に導くMy Best Support(MBS)吉田学
MY BEST SUPPORT
 融資TOP | プロフィール | 融資基礎 | 銀行融資 | 公的融資 | 資金調達マニュアル | 無料レポート | ご相談&お問い合わせ |

・メールマガジン(byまぐまぐ)
 「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」
 年間
100社総計25億円の実績

・登録フォーム

・解除フォーム

無料メール相談!!

 融資特集について

 ・融資の基本を知る!!
 ・銀行融資を獲得する!!
 ・公的融資を獲得する!!
 ・資金調達マニュアルとは?
 ・実践レポートのご請求は・・・
 ・究極のビジネスローン攻略法
 ・銀行融資・公的融資topics!!


 お知らせ!!

 ・融資、資金調達トピックス
 ・マスコミの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
 ・融資オンラインシュミレーター
 ・訪問販売法の表記について


究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


 リンク、サイトマップ

 ・資金調達パートナーリンク集
 ・サイトマップ


 無担保・無保証人融資制度について 有難い公的融資制度ですね。
 起業家の強い味方・・・、無担保・無保証人融資制度!! 担保もいらない、連帯保証人もいらない・・・こんな有難い制度はないですよね。

 申請可能な方は是非、チャレンジしてください。


<国民生活金融公庫の無担保・無保証人融資について>

 こんな記事や話をよく聞きます。

 「国民生活金融公庫は“無担保・無保証人制度”を充実させているので、是非この制度の利用を検討しよう!」。

 資金調達やビジネス関連の専門誌でよく見かけるキャッチフレーズです。確かに国金は、以下の「無担保・無保証人制度」を取り揃えています。


  1.経営改善貸付
  2.新創業融資制度
    (新規開業ローンの保証人特例措置)
  3.第三者保証人等を不要とする融資
    (個人保証は必要です。)


 「おっ、こんなにあるじゃないか。これは大いに利用しよう!」と誰でも思いますよね。しかし、世の中そんなに甘くはありません。たとえば、国金さんのHPで「新創業融資制度」の条件を見て下さい。誰もが申請すれば融資してもらえるというわけではないです。

 以前は、この無担保・無保証人制度を申請すると、大抵の場合、担当者から「保証人をご用意できませんか?」と聞かれました。


 「なぜ?」と思うのは当然ですが、こういうケースも多かったです。やはり審査基準が厳しかったのです。かつては100〜300万円くらいの融資が妥当だったと思います。

 ただ、最近(平成19年8月時点)の傾向としては、この審査も甘くなっていると思います。新創業融資の申請者要件も初期当時と比較すると、だいぶゆるくなっています。これは確かに有難いことです。

 しかし、やはり、これに該当しないと「連帯保証人はいませんか?」といわれるケースがあります。考え方ですが、「連帯保証人はいませんか?」といわれたということは、連帯保証人さえいれば、融資の可能性は高い、ということです。

 駄目な場合は、たとえ、こちらから「連帯保証人を用意しますので・・・」と言っても、「それでも難しいでしょう」とはっきり言われてしまう場合もありますからね。

 残念ですが、たとえ「無担保・無保証人制度」を申請するにしても、保証人の心当たりは付けておきたいものです。



<経営改善貸付(通称 “マル経”)について>

 「経営改善貸付(通称 “マル経”)」とは、「担保もないし、保証人もいない」という小規模事業者(従業員20人以下、商業・サービス業では5人以下の法人や個人事業主)に対して、商工会・商工会議所の推薦にもとづいて貸付が行われる、国民生活金融公庫の無担保・無保証人の融資制度です。

 この制度にはやっかいな問題があります。

 この無担保・無保証人制度は、当然、商工会等の会員であることが大前提です。さらに、その商工会等の経営指導員による原則6ヶ月間の経営指導が必要なのです。やはり世の中そんなに甘くないのです。

 しかしながら、この6ヶ月間というのは、形式的な面や、地域差もありますので、ひとまず商工会等に相談してみて下さい。(実際にこれは形式上でほとんど関係のないような商工会等もあるようですから・・・。)

 スムースにこの制度を利用したい方は、会費は掛かりますが商工会等の会員になっておき、経営相談サービス等を利用しておくのも一つの手です。

 しかし、会員になれば必ず「マル経」を利用できるという訳ではありませんので、その点は誤解なさらないで下さい。当然、審査をした上での判断になります。

 また、当然ですが、既に国金の他の制度で融資を受けたばかりの方は、「マル経」の利用は基本的には無理ですよ。



<信用保証付きの無担保・無保証人制度について>

 「信用保証付き融資には、“無担保・無保証人”制度があるので、是非利用しよう」と言われているようです。しかし、国民生活金融公庫と同様、制度上は確かに存在しますが、現実にはそれなりの要件があります。

 たとえば、何年も事業を営んでいて決算状況も悪くない会社には、信用保証協会の信用保証がおりれば、無担保・無保証人で金融機関から資金を借りることが出来る可能性は十分にあります。

 第三者保証人は必要ありません。これは多くの経営者が経験していることでしょうから、あえて説明は必要ないでしょう。まあこれが本来の信用保証です。


 問題はこれから開業する方や開業したての経営者の場合です。さて、創業者の場合、共通して、以下のような制約要件があります。一先ず、これらをクリアできるなら、活用できる可能性が出てきますよ。


  1.必要資金の1/2は自己資金を現金で用意できる
  2.資格や、事業内容のキャリアが一定期間ある


 最低これらの要件をクリアできなければ、利用はちょっと難しいでしょう。

 要件をクリアできない場合には、信用保証協会から必ず「保証人はいますか?」と聞かれます。

 残念ですが、できるだけ保証人を探しておくことをお勧めします。そうすれば審査もスムースに進みますよ。





 
特集2「公的融資」のインデックスに戻る

 ◆融資・資金調達の特集1〜5 INDEX

  ・Prologue:融資の基本を知る!!
  ・特集1:銀行融資を獲得する!!
  ・特集2:公的融資を獲得する!!
  ・特集3:融資を成功に導く「資金調達マニュアル」とは?
  ・特集4:融資、資金調達「無料レポート」のご請求!!
  ・特集5:究極のビジネスローン攻略法について!!

  ・最新情報:融資、資金調達トピックス!!




TOPページに戻る

 
銀行融資・公的融資を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。