銀行融資・公的融資による資金調達や資金繰り改善を成功させよう!!
公的融資&銀行融資攻略ナビ
 融資を成功に導くMy Best Support(MBS)吉田学
MY BEST SUPPORT
 融資TOP | プロフィール | 融資基礎 | 銀行融資 | 公的融資 | 資金調達マニュアル | 無料レポート | ご相談&お問い合わせ |

・メールマガジン(byまぐまぐ)
 「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」
 年間
100社総計25億円の実績

・登録フォーム

・解除フォーム

無料メール相談!!

 融資特集について

 ・融資の基本を知る!!
 ・銀行融資を獲得する!!
 ・公的融資を獲得する!!
 ・資金調達マニュアルとは?
 ・実践レポートのご請求は・・・
 ・究極のビジネスローン攻略法
 ・銀行融資・公的融資topics!!


 お知らせ!!

 ・融資、資金調達トピックス
 ・マスコミの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
 ・融資オンラインシュミレーター
 ・訪問販売法の表記について


究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


 リンク、サイトマップ

 ・資金調達パートナーリンク集
 ・サイトマップ


 責任共有制度とは? 信用保証協会を理解するのに大切です!!

 責任共有制度・・・?? その名称通り、責任を共有する制度・・・です。


 平成19年10月から、金融機関と信用保証協会とが責任を共有する「責任共有制度」が導入されます。

 中小企業が金融機関から事業資金の融資を受ける際、信用保証協会が保証人となる保証付き融資については、現在、原則として、融資額の100%を信用保証協会が保証しています。

 しかしながら、平成19年10月からは、一部の融資を除き、金融機関が信用リスクの2割相当を負担することになります。

 金融機関は、「部分保証方式」か、この方式と同等の「負担金方式」のいずれかの方式を選択し、責任を共有することになります。平成19年10月1日以降、保証申込を受け付けたもの(信用保証協会での受付処理日)から対象となります。


 円滑な制度導入の観点から、小口零細企業保証制度や経営安定関連保険(セーフティネット)1号〜6号、災害関係保険に係る保証等の保証制度については、当分の間、100%保証が維持されます。

 これは有難いですね。

※例)東京都では、小口零細企業保証制度に沿った制度融資メニューとして、「小口資金融資」を設ける予定です。(小口零細企業保証制度とは、従業員数が、製造業とは20人以下、卸・小売・サービス業は5人以下の会社および個人等を対象とした全国統一の保証制度で、本融資を含めた保証付き融資残高が1,250万円以下であれば、100%保証となります。)


 何だか、あまり、事業者には関係ないじゃん!と感じるでしょうか?

 いいえ、注視する必要があります。

 銀行は、「企業に影響のないように今後とも支援を続けていく」とは言っていますが、私も基本的にはそう思います。ただ、大手銀行はどうなんでしょうか・・・。さらに選別が促進される感はあります。

 影響はないと信じたいのですが・・・皆さんもそう願ってください。そうでなくては困ります。被害を受けるのは・・・、中小事業者です。


 
特集2「公的融資」のインデックスに戻る

 ◆融資・資金調達の特集1〜5 INDEX

  ・Prologue:融資の基本を知る!!
  ・特集1:銀行融資を獲得する!!
  ・特集2:公的融資を獲得する!!
  ・特集3:融資を成功に導く「資金調達マニュアル」とは?
  ・特集4:融資、資金調達「無料レポート」のご請求!!
  ・特集5:究極のビジネスローン攻略法について!!

  ・最新情報:融資、資金調達トピックス!!




TOPページに戻る

 
銀行融資・公的融資を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。