銀行融資・公的融資による資金調達や資金繰り改善を成功させよう!!
公的融資&銀行融資攻略ナビ
 融資を成功に導くMy Best Support(MBS)吉田学
MY BEST SUPPORT
 融資TOP | プロフィール | 融資基礎 | 銀行融資 | 公的融資 | 資金調達マニュアル | 無料レポート | ご相談&お問い合わせ |

・メールマガジン(byまぐまぐ)
 「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」
 年間
100社総計25億円の実績

・登録フォーム

・解除フォーム

無料メール相談!!

 融資特集について

 ・融資の基本を知る!!
 ・銀行融資を獲得する!!
 ・公的融資を獲得する!!
 ・資金調達マニュアルとは?
 ・実践レポートのご請求は・・・
 ・究極のビジネスローン攻略法
 ・銀行融資・公的融資topics!!


 お知らせ!!

 ・融資、資金調達トピックス
 ・マスコミの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
 ・融資オンラインシュミレーター
 ・訪問販売法の表記について


究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


 リンク、サイトマップ

 ・資金調達パートナーリンク集
 ・サイトマップ


 国民生活金融公庫を攻略する!! 公的融資といえば国民生活金融公庫!!
 「国民生活金融公庫(通称“国金”)」とは、政府系金融機関の一つで、中小企業者が最も利用する機関です。国金(こっきん、こくきん)の愛称でご存知でしょう。

 平成20年10月には、新機関「日本政策金融公庫」に移行しますが、国民生活金融公庫の業務は基本的にはそのまま引き継がれます。

 国民生活金融公庫に関して、もう少し厳密に説明します。


 「国民生活金融公庫(通称“国金”)」とは、国民金融公庫および環境衛生金融公庫の目的を承継し、「独立して継続が可能な事業について当該事業の経営の安定を図るための資金、生活衛生関係の営業について衛生水準を高めるための資金その他の資金であって、一般の金融機関からその融通を受けることを困難とする国民大衆が必要とするものを供給し、もって国民経済の健全な発展及び公衆衛生その他の国民生活の向上に寄与する」(国民生活金融公庫法第1条)ことを目的としています。

 また「行動指針」に、

 1.常にお客さまを第一に考え、使命感と責任感をもって
   業務にあたります。

 2.親切・丁寧・迅速な応対により、心のかよう接遇に
   努めます。

 3.皆さまとの対話を大切にし、そのご意見をサービスに
   反映させるよう努めます。

とあります。

 少々硬い文章ですが、この「国民生活金融公庫法第1条」と「行動指針」は、素晴らしい内容だと思いませんか? これは国民生活金融公庫の憲法のようなもので基本精神にあたります。職員は守るべき一つの規範でもあると言っても差し支えないでしょう。

 是非この国民生活金融公庫の基本精神を事業者の方々は覚えておいてください。様々なシーンで役に立つことがありますよ。


 次に代表的な制度について簡単にご説明しましょう。


<普通貸付について>
「国民生活金融公庫」は、金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業などを除いて、ほとんどの方が融資の対象となり、多くの事業者がお世話になる可能性が高いのです。

 「国民生活金融公庫」には数多くの融資制度がありますが、その中でも「普通貸付」は最も利用されている制度の一つです。

 この「普通貸付」とは一般的な貸付のことで、明確な融資目的の定めがなく、原則としてどのような利用目的でも融資が受けられます。人件費や販売促進費などの運転資金、車両やパソコンの購入代金といった設備資金など、その資金使途は原則自由です。

 ここで国民公庫の融資制度の申込手順を説明しましょう。

 大まかな手順は、「相談」→「申込」→「面談」→「融資」→「返済」ということになります。「相談」から実際に「融資」が実行されるまで、平均して1ヶ月は掛かりますので、計画的に行動を起こすことが大切です。

 しかし、これには地域差がありますので、早ければ2週間程で融資が実行されるケースもあります。

 普通貸付の融資額は4,800万円以内です(特定設備資金は7,200万円)。運転資金の返済期間は5年以内(据置期間1年)、設備資金は10年以内(据置期間2年)、利率はHPで最新情報を確認してください。


<創業計画書(旧「開業計画書」)について>
 新規開業者が国民公庫に申請する場合、提出する書類は、主として「創業計画書」と「借入申込書」の二つです。ここでは「創業計画書」のポイントについて説明します。

 これらのサンプルは国民生活金融公庫のHPからダウンロードできます。

 創業計画書は1枚ものの書類です。一見、簡単そうに思えますが、視点を変えてみれば、たった1枚の書類で開業計画を説明しなくてはならないのです。

 これは決して容易なことではありません。

 この創業計画書は、大きく左右に分かれています。左側が事業概要(事業内容、販売先・仕入先)で、右側が数値計画(必要資金と調達方法、開業見通し)です。

 国金の担当者は、基本的に右側の数値計画しか見ません。はっきり言うと、特に新規開業者の作成した損益計画なんて信じていないでしょう。

 先ずは、「必要資金」と「調達方法」の妥当性を判断していると思われます。

 この創業計画書の作成ポイントは、まずは空欄を作らずに埋めることです。

 国金さんから【記入例】が公表されていますが(ダウンロードできます)、これでは“空白だらけ”でダメです。この【記入例】を真似て作成しないようにしましょうね。

 皆さんが、この【記入例】を読んで、独立開業への強い意思が伝わってくるでしょうか?見たことがない方は、是非、国民生活金融公庫のHPからダウンロードしてみてください。

 国民生活金融公庫の攻略については、以下のサイトに詳細が掲載されています。よろしかったら、こちらで知識を身につけてください。(ただし、創業者向けになっていますのでご了承ください。)


   ・創業開業資金攻略ナビ
   ・国民生活金融公庫の開業融資テキスト



 
特集2「公的融資」のインデックスに戻る

 ◆融資・資金調達の特集1〜5 INDEX

  ・Prologue:融資の基本を知る!!
  ・特集1:銀行融資を獲得する!!
  ・特集2:公的融資を獲得する!!
  ・特集3:融資を成功に導く「資金調達マニュアル」とは?
  ・特集4:融資、資金調達「無料レポート」のご請求!!
  ・特集5:究極のビジネスローン攻略法について!!

  ・最新情報:融資、資金調達トピックス!!




TOPページに戻る

 
銀行融資・公的融資を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。