銀行融資・公的融資による資金調達や資金繰り改善を成功させよう!!
公的融資&銀行融資攻略ナビ
 融資を成功に導くMy Best Support(MBS)吉田学
MY BEST SUPPORT
 融資TOP | プロフィール | 融資基礎 | 銀行融資 | 公的融資 | 資金調達マニュアル | 無料レポート | ご相談&お問い合わせ |

・メールマガジン(byまぐまぐ)
 「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」
 年間
100社総計25億円の実績

・登録フォーム

・解除フォーム

無料メール相談!!

 融資特集について

 ・融資の基本を知る!!
 ・銀行融資を獲得する!!
 ・公的融資を獲得する!!
 ・資金調達マニュアルとは?
 ・実践レポートのご請求は・・・
 ・究極のビジネスローン攻略法
 ・銀行融資・公的融資topics!!


 お知らせ!!

 ・融資、資金調達トピックス
 ・マスコミの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
 ・融資オンラインシュミレーター
 ・訪問販売法の表記について


究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


 リンク、サイトマップ

 ・資金調達パートナーリンク集
 ・サイトマップ


 銀行融資の申請資料について・・・。これも融資の基本です!!
 もう既に、銀行融資を申請された事のある方なら、ご存知だと思いますが、銀行に融資申請をする際には、様々な資料を提出することになります。

 これは、銀行融資の種類、たとえば・・・「プロパー融資」、「ビジネスローン」、「しん保」などによって異なりますが、簡単に説明しましょう。


   1.決算書2期分(又は3期分)
   2.試算表  
   3.登記簿謄本


 これは先ず最低限、直ぐに、事前に揃えておいた方がよいでしょう。

 さらに、その会社によっては、たくさんの資料が必要になります。下記に示すのは一例ですから、絶対必要というわけではありません。よって、その都度、各銀行に聞いてくださいね。

 私がお勧めしているフォーマット?は以下のような形式です。


   1.表紙
   2.改善計画書
   3.資金繰り計画表
   4.借入先一覧表
   5.返済計画表(4と一緒になる場合もあり)
   6.担保一覧表


 これらを作成して揃える必要があるかもしれません。

 お勧めしているのは、2の改善計画書を1〜3枚くらいで作成して、それをベースに銀行に説明してみてください。必要に応じて、更に詳しい改善計画書や必要な資料を銀行から言ってくれます。

 当然、全部作成しておけばそれが一番良いことです。

 
 しかしながら、ビジネスローンなどは基本的には、決算書中心の審査になりますから、これらの資料が必ずしも必要ないです。しかしながら、企業経営をしている以上、“銀行融資”を検討する際には、これくらいの資料が用意できるような社内体制でないと、本来いけないと思います。

 そのように思ってこれらの資料は作成できるようにしておいてください。

 また、当然ですが、公的融資制度にだって、これらの資料が必要になる場合だって多々あります。

 やはり企業として当然かな・・・?


 
特集1「銀行融資」のインデックスに戻る

 ◆融資・資金調達の特集1〜5 INDEX

  ・Prologue:融資の基本を知る!!
  ・特集1:銀行融資を獲得する!!
  ・特集2:公的融資を獲得する!!
  ・特集3:融資を成功に導く「資金調達マニュアル」とは?
  ・特集4:融資、資金調達「無料レポート」のご請求!!
  ・特集5:究極のビジネスローン攻略法について!!

  ・最新情報:融資、資金調達トピックス!!




TOPページに戻る

 
銀行融資・公的融資を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。