銀行融資・公的融資による資金調達や資金繰り改善を成功させよう!!
公的融資&銀行融資攻略ナビ
 融資を成功に導くMy Best Support(MBS)吉田学
MY BEST SUPPORT
 融資TOP | プロフィール | 融資基礎 | 銀行融資 | 公的融資 | 資金調達マニュアル | 無料レポート | ご相談&お問い合わせ |

・メールマガジン(byまぐまぐ)
 「現場叩き上げの資金調達ノウハウ」
 年間
100社総計25億円の実績

・登録フォーム

・解除フォーム

無料メール相談!!

 融資特集について

 ・融資の基本を知る!!
 ・銀行融資を獲得する!!
 ・公的融資を獲得する!!
 ・資金調達マニュアルとは?
 ・実践レポートのご請求は・・・
 ・究極のビジネスローン攻略法
 ・銀行融資・公的融資topics!!


 お知らせ!!

 ・融資、資金調達トピックス
 ・マスコミの皆様へ
 ・金融機関の皆様へ
 ・融資オンラインシュミレーター
 ・訪問販売法の表記について


究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


 リンク、サイトマップ

 ・資金調達パートナーリンク集
 ・サイトマップ


 銀行員ってどんな人・・・? 銀行員だって心ある人です。
 「銀行員って・・・?」という妙なタイトルですが、皆さん、いたってごく普通の方々です。(少なくとも私の知り合いの銀行員は・・・。)

 しかしながら、ある意味、私なりの見解ですが、見ようによっては銀行員は「何となく冷めている」方々かもしれません。(仕事以外の時はわかりませんが・・・)。

 これは決して悪口ではないのです。人間ですから「応援してあげたい企業」と「そうでない企業」があるはずです。しかし、平均して、過去にマイナスのトラウマがあるはずです。「信じて融資したのに逃げやがって・・・」という感じでしょうか。

 実際、知り合いの銀行員の方と飲んだりすると、そういう話をよく聞きます。良いことが10あったとしても、悪いのが1〜2あると、人間と言うものは、その悪い1〜2のものがとても印象に残り、トラウマになる傾向があります。

 だから、これは銀行員に限った話ではないのです。

 よって、銀行員は平均して「冷めている。疑り深い」という感は否定できないと思います。そういう彼らの置かれている環境を理解するのも重要です。

 「あいつはうちの会社の将来性を全くわかっとらん!」と憤慨する社長さんもいらっしゃるでしょう。だけど、これはしょうがないんです。落ち着いてお話することです。

 銀行員を見方につけるようにしてください。

 銀行員の弱みに付け込む交渉方法等も、確かに効果的なのかもしれません。銀行を敵対視するような論調も存在します。しかし、敵にするより、見方につけた方が得ではありませんか!? 

 よくよく考えてみると当たり前のことです。「この会社を何とかしてあげたい」という思考回路でいてくれた方が良いに決まっています!

 敵対視戦法はやめましょう。銀行員を見方につけよう!


 
Prologueのインデックスに戻る

 ◆融資・資金調達の特集1〜5 INDEX

  ・Prologue:融資の基本を知る!!
  ・特集1:銀行融資を獲得する!!
  ・特集2:公的融資を獲得する!!
  ・特集3:融資を成功に導く「資金調達マニュアル」とは?
  ・特集4:融資、資金調達「無料レポート」のご請求!!
  ・特集5:究極のビジネスローン攻略法について!!

  ・最新情報:融資、資金調達トピックス!!




TOPページに戻る

 
銀行融資・公的融資を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。